支払い法がクレジット決済のみのMVNOが多い

subpage01

格安SIMを端末に入れてもすぐデータ通信行えるのではなく、端末操作してAPN設定変更しないと通信できません。

アイフォンではAPN構成プロファイルをダウンロード・インストールの必要がありますが、各MVNOが公式サイトで開設してる手順参考にしてみればこうした初期設定は難しくはないでしょう。

MVNOに関する情報を見極め、信頼できる情報を厳選しました。

そして格安SIMの契約踏み切る前チェックしてもらいたいのはその格安SIMと手持ちの端末との相性。
大手キャリアユーザーだった時に端末、SIMカードとの相性意識することはまずなかったはず。

そしてドコモショップで語スマホがドコモ回線で通信できない自体は通常ないです。


そもそもSIMカードを目にすることは機種変更時ぐらいでしょう。ですが、格安SIMでは事情異なって基本自分で端末、SIMカードとの相性判断しなくてはならないです。


そして、各公式サイトは動作確認端末の一覧をチェックできるページ用意されており事前のチェックが必須。



月額量の支払い法がクレジットカード決済のみというMVNOが多い状況で、銀行口座振替など対応してる事業者はほとんどないです。



格安SIMに乗り換えるためにクレジットカード必須といったこと考えておきましょう。
そして店頭サービスを大手キャリア並みに展開してる事業者はなくて、イオンモバイル、楽天などはそれなりの数の実店舗ありますが、少なくても数の面でキャリアショップに到底及ばないです。


一般的にMVNOとのやり取りはネットか電話で完結します。