MVNOとは一体何か

subpage01

MVNOとはMobileVirtualNetworkOperatorの略で、日本語では仮想移動体通信事業者と訳されます。

それに対し、MobileNetworkOperatorを正式名称とする、MNOという事業者もあります。



これは移動体通信事業者と訳され、日本の携帯電話事業者の主要3キャリアが該当します。


両者の関係を端的にまとめると、MVNOはMNOが保有する通信設備をレンタルしたうえで、独自ブランドの携帯電話をユーザーに提供しているということになります。

いわゆる格安SIMは、MVNOが提供する通信サービスの代表的なもののひとつです。

MVNOが行う通信サービスは、主要3キャリアのそれに比べると割安であるのが特徴です。
その大きな理由は、コストを削減するためのあらゆる努力が行われているからです。
具体的な取り組みとしては、実店舗を持たない、あるいは実店舗を最小限にとどめることによって、人件費を削減していることが考えられます。

事業者によっては、インターネットのみのサポートや、代理店を使った販売戦略を採用している事業者もあります。

それと同時に、ユーザー数に合わせて回線をレンタルすることによって無駄な費用を削減したり、コンテンツや端末の開発にコストをかけないことによって、格安料金へとつなげています。



気になるのは通信の質です。


しかし、通信設備はあくまで主要3キャリアのものをレンタルしていますから、質は何ら変わりはありません。



同じ性能であるにも関わらず、割安な料金ということでMVNOは大いに注目されています。