格安スマホが買えるMVNOとは

subpage01

近年スマートフォン市場は大いに盛り上がっています。



殆どの方が所持しているスマートフォンなので需要もあり新規通信事業者も増えているのが特徴です。


普通スマートフォンを利用するときには大手通信キャリアとの契約をします。
最近はMVNOと呼ばれる格安業者が登場したので知っておくといいでしょう。
大手の金額が平均6000円くらいの金額に対してMVNOは最安で1480円くらいの金額となっています。
大幅にコスト削減できるので今使っているスマートフォンの利用料金がいまいちと感じているのなら乗り替えてみるのもいいです。
安いから品質もいまいちと感じている方もいるかもしれません。



しかしこれは大きな間違いです。基本的にMVNOは大手の通信インフラを借りて営業をしているサービスなので品質はしっかりしています。

また通信エリアに関しても借りている大手キャリアと同様の範囲になっているのでほぼ全国規模で利用できるのが特徴です。今使っている大手と同様の通信インフラを使っているMVNOなら乗り替えてもそのままのエリアで使えるでしょう。



上記の理由によりコストパフォーマンスに優れているので安い料金で通信サービスを提供してくれます。


これだけでなく大手のように店舗を殆ど持っていないのも安く利用できる理由です。MVNOは店舗契約できる業者が少なくほとんどインターネットで済ませられます。
経営コストを大きく引き下げてスムーズに契約できる工夫をしているのも強みです。


MVNOの常識

subpage02

MVNOとはMobileVirtualNetworkOperatorの略で、日本語では仮想移動体通信事業者と訳されます。それに対し、MobileNetworkOperatorを正式名称とする、MNOという事業者もあります。...

NEXT

MVNOについての考察

subpage03

MVNOはエムブイエヌオーとローマ字読みします。意味はMobileVirtualNetworkOperatorで仮想移動体通信事業者となります。...

NEXT

MVNOの情報分析

subpage04

格安SIMを端末に入れてもすぐデータ通信行えるのではなく、端末操作してAPN設定変更しないと通信できません。アイフォンではAPN構成プロファイルをダウンロード・インストールの必要がありますが、各MVNOが公式サイトで開設してる手順参考にしてみればこうした初期設定は難しくはないでしょう。...

NEXT

MVNOの基本知識

subpage04

MVNOは、携帯電話通信網を持たない移動体通信事業者のことです。つまり、大手携帯電話会社の通信網を借りて携帯電話事業をする会社という訳です。...

NEXT